2019 © doggybagcommittee All Right Reserved.

Please reload

最新記事

2016年度アンケート調査の集計が完了しました。

March 3, 2017

2016年12月2日の自由が丘プラザ「食べ残しMOTTAINAIプロジェクト」にて実施したアンケート調査の結果を公表いたします。今回は、名古屋市環境局が実施したアンケート調査との比較検討をするため、その調査項目を使用させていただきました。

 

 

ドギーバッグの認知度は、前回調査(2010年)と比較すると10%アップの50%となりました。しかしまだ認知度は低く、今後の普及活動の重要性は変わりません。

 

 

 

そもそも食べ残さないようにしている方が70%もおり、この点の意識は高いものと考えられます。

 

 

 

お店に言い出せない層は18%、諦めている層は9%とさほど高くないことが示されました。

 

 

 

 

  7割が使用してみたいという回答でした。食べ残さないようにしている7割のなかにも使用してみたい方が含まれています。食べすぎ防止用にドギーバッグの使用が普及すれば、生活習慣病予防に繋がるかもしれません。

 

 意外にも食中毒やデザインへのネガティブ要素はありませんでした。持ち運びが便利な折りたたみ式で、かつこぼれない容器の開発が急務かもしれません。

 

 

 

 

実施主体:ドギーバッグ普及委員会

実施日:2016年12月2日金曜日、11:00~15:00

実施方法:名古屋市営地下鉄自由が丘駅付近の通行人に対する対面方式

サンプル概要:N=56、男性23名、女性33名、不明1名;19歳以下11名,20代12名、30代1名,40代2名、50代6名、60代9名、70歳以上15名

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイブ