2019 © doggybagcommittee All Right Reserved.

Please reload

最新記事

農林水産省より「飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項」の通知がありました。

May 16, 2017

農林水産省では、消費者庁、環境省、厚生労働省と共に、「飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項」を作成し、都道府県のほか、委員会にも通知を頂きました。

  特に、これからの梅雨時期は食中毒菌が繁殖しやすい時期です。気をつけてドギーバッグを実践しましょう。

 

1.食べきりの促進
  持ち帰る前に、消費者・飲食店それぞれの立場から、食べきりの取組を促進することにより、「食べ残し」の削減を進めましょう。

 

2.食べ残し料理の「持ち帰り」は自己責任の範囲で
  飲食店等で提供され、数時間、常温に置かれた食べ残し料理は、提供後すぐの状態の料理と比較し、食中毒リスクが高まります。食べ残し料理を持ち帰る場合は、食中毒リスクを十分に理解した上で、自己責任の範囲で行うようにしましょう。

 

詳細な情報は、下記リンクよりご確認ください。

 

農林水産省「飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項」

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイブ